ヘッドスパについて

「ヘッドスパ」の歴史。今のヘッドスパの形は日本で創られた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘッドスパルーツ

ヘッドスパの歴史は、実は日本にあります。ヘッドスパはインドのアユルベーダやバリのクリームバスを参考に、日本の美容室で生まれました。今回はそんなヘッドスパの歴史を覗いてみましょう。

「ヘッドスパ」の歴史の目次

  1. ヘッドスパスパのルーツはインド
  2. 日本で広まったヘッドスパ

ヘッドスパスパのルーツはインド

インド
アユルベータとは古代インド文明発祥と言われているインド大陸での伝統医療であり、サンスクリット語で生命科学との意味があります。医学のみならず、生活科学や病気の予防、自然と生きる知恵等も取り入れられており、生命をより良くするためのものといえるでしょう。アユルベータでは食事療法や浄化療法の他、薬草療法が非常に重要と位置づけられており、薬草を利用したオイルを用いたマッサージが行われます。このうちシローアビヤンガと呼ばれる頭部と顔面のマッサージが現代のヘッドスパのルーツだとも言われています。このマッサージには、薬草を煎じたり浸出させたりして薬草成分を含ませた胡麻油を温めて使用します。この方法に忠実にアユルベーダのヘッドスパを行っている専門店もあります。
アユルベータがジャワ王室に伝わり、更にヨーロッパの技法などを取り入れてたものがクリームバスと呼ばれるものです。
日本ではアユルベータのヘッドマッサージやクリームバスをヒントにして、様々な手法のヘッドスパが考案されています。髪と頭皮のケアとクレンジング、リラクゼーション、マッサージなど様々な特徴を持つヘッドスパが生まれています。

日本で広まったヘッドスパ

今日本には様々なヘッドスパがあります。もはやサロンの数だけあると言っても過言ではないかもしれません。その中でも比較的広く行われているものを上げてみましょう。

炭酸ヘッドスパ

炭酸ヘッドスパは炭酸ガスを含ませたお湯を使うことによって、普段のシャンプーでは落ちない汚れを落とし、炭酸ガスの効果でカラーやパーマで傷んだ髪を弱酸性に戻し、頭皮の血行を良くするものです。

※関連記事:炭酸ヘッドスパ13の効果と、自宅での本格炭酸スパ方法

クリームバス

クリームバスは、その名の通り花やフルーツ等植物の栄養をたっぷり含んだリッチなクリームを使用し強めの圧をかけて頭皮をマッサージする、とてもリラクゼーション効果の高い施術です。場合によってはデコルテなどのマッサージをしてくれるところもあります。

※関連記事:クリームバスってどう?クリームバスの全てが分かる8項目
※関連記事:バダンバルーのクリームバスを体験採点。

シロダーラ

個性的なところではシロダーラ。前述のアユルベータのシローアビヤンガに近く、一番ツボが集まっていると言われる眉間に人肌より少し温かいくらいに温めた胡麻油をたらし、深いリラックスをもたらし一種の瞑想状態までは持っていく施術です。これは心身ともにリフレッシュすることで、自然治癒力がアップしたり全身のコリが軽減したりと、頭皮や髪はもちろん、全身に及ぼす効果がとても高い施術です。

これだけではなくもっとたくさんいろんなヘッドスパが日本にはあります。是非いろいろ試してみて下さいね!

知っておきたい!ヘッドスパの施術の流れ
ワヤンプリのヘッドスパを採点。ラグジュアリーなご褒美スパ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加