ヘッドスパについて

ヘッドスパの頻度は「悩み別」「ヘアサイクル」で変えて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
頻度

ヘッドスパの頻度を適格な間隔にすると効果が上がります。ただし一律で決まった頻度がある訳ではありません。悩みにあわせて頻度を選んだり、ヘアサイクルに合わせて施術を受ける方法があります。ヘッドスパに通う前に「頻度」について考えてみましょう。

「ヘッドスパの頻度はどれくらいが効果ある?」の目次

  1. お悩み・目的に応じた頻度で
    1. 緊急性が高い場合
    2. お悩みのある方
    3. 予防目的の方
    4. リラクゼーションを目的とした場合
  2. 頭皮が生まれ変わるサイクルに合わせて
  3. まずは、ヘッドスパのプロに相談

お悩み・目的に応じた頻度で

カレンダー
まずは、あなたがヘッドスパを受ける目的を再確認してみましょう!

ヘッドスパの効果は、毛髪を修復するだけでなくたくさんの効果があります。ハリ・コシ・ツヤのある美しい髪を育てる、薄毛や抜け毛を防止する、頭皮の臭いやフケを改善する、顔をリフトアップする、顔のくすみを解消する、肩こり・頭痛といった体の不調を解消する、リラックスできるといった効果が期待できます。

あなたが求める効果や、自分自身の頭皮・髪の状態によって、ヘッドスパを受ける頻度は異なります。

【知らなきゃ損】ヘッドスパってどんな効果があるの?

1: 緊急性が高い場合

「海水浴に行ったので、頭皮のダメージケアしたい」「写真撮影に備えてリフトアップしたい」などという緊急性の高い希望がある場合は、その都度ヘッドスパを受けましょう。特に「リフトアップ」は施術後が一番顔が引き締まっているので、できれば撮影があるその日に施術を受けるのがベストです。

2: お悩みのある方

薄毛や白髪でお悩みの方は、長期的かつ定期的にヘッドスパを受ける必要があります。頻度としては1ヶ月に1回ほどを最低でも1年は続けてください。
またお悩みに合わせた施術や薬剤の使用が必須ですので、むやみにヘッドスパを受けるというのではなく自分の悩みに特化したヘッドスパを受けてください。ヘッドスパと同時に自宅でのヘアケアも大事になります。更に詳しい事は、美容室やヘッドスパサロンの担当者に詳しく相談してみる事をオススメします。

3: 予防目的の方

将来の薄毛、白髪、髪質の低下などを予防するために、ヘッドスパを受けたいという人(美容感度が高い人ですね!)は、無理しない範囲で長期的にヘッドスパを受けてください。
一番オススメなのは、美容室でのカットの時にヘッドスパを受ける事。これであればカットと同じタイミングで通えるので、時間的な負担も少なく続けやすいです。またカットとヘッドスパのメニューがある美容室であれば、価格も割安になりお財布にも嬉しいです。

4: リラクゼーションを目的とした場合

特に頭皮や髪にお悩みがなく、リラクゼーションを目的としている人はストレスがたまってきたなと感じたらヘッドスパを受けるのがいいでしょう。また自分へのご褒美として、大きな仕事を達成した時などにヘッドスパを受けるという使い方もオススメです。

ワヤンプリのヘッドスパを採点。ラグジュアリーなご褒美スパ

頭皮が生まれ変わるサイクルに合わせて

毛髪
頭皮の生まれ変わるサイクルに合わせてヘッドスパを受けるというもの理にかなった通い方です。
実は頭皮も肌の一部。肌と同じで新陳代謝を繰り返し、新しく生まれ変わるまです。一般的に28日(約1ヶ月)で新しい頭皮に生まれ変わると言われています。毛穴に汚れが詰まっていたり、古い角質が残ったりしたままだと、頭皮サイクルに悪い影響を及ぼします。また頭皮が硬くなると血行が悪くなり、髪に栄養が行き渡らなくなるので、パサつきや切れ毛・枝毛の原因にもなります。ヘッドスパのクレンジングによって普段のシャンプーでは落としきれない毛穴の汚れを取り除き、ヘッドスパのマッサージで血行を促進し、頭皮を健康的な状態に保つことで、美しく健やかな髪が生えやすくなります。

女性であれば生理周期に合わせて新陳代謝が上がるタイミングでヘッドスパを利用すると効果が得やすいでしょう。

まずは、ヘッドスパのプロに相談

ヘッドスパへ通う頻度は、それぞれの目的、そして自身の頭皮・髪・体の状態によって異なります。自分のベストな頻度は髪のプロであるサロンの担当者に相談するのが一番!まずはサロンでヘッドスパを受ける目的を伝えて、どれくらいのペースで通うのがベストか相談してみましょう。

一緒に読みたいヘッドスパ記事
ポイント抑えて効果UP!ヘッドスパの「気をつける事」。
美容室で受ける「ヘッドスパ」って「ヘアトリートメント」とどう違うの?
※自宅でのケアは→ 頭皮マッサージグッズ厳選トップ3!簡単極上体験。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加